ウィキペディア、フリー百科事典から


 【第2類医薬品】ボーコレン

   くり返す排尿時の痛み残尿感に
   菌を押し流し、痛みをおさえる

◆ボーコレンの商品詳細
○11種類の生薬からなる漢方処方「五淋散」です。
○膀胱や尿道などに違和感を感じる方の、排尿痛、残尿感、頻尿などのつらい症状を徐々に緩和していきます。

◆ボーコレンの内容量 15錠(1日服用量)中
<五淋散料エキス・・・・・2.55g>
ブクリョウ:3.0g、トウキ:1.5g、オウゴン:1.5g、カンゾウ:1.5g、ジオウ:1.5g、タクシャ:1.5g、カッセキ:1.5g、モクツウ:1.5g、カッセキ:1.5g、シャゼンシ:1.5g、シャクヤク:1.0g、サンシシ:1.0g
より抽出

添加物として、無水ケイ酸、CMC-Ca、ステアリン酸Mg、セルロースを含有する
○本剤は天然物(生薬)を用いているため、錠剤の色が多少異なることがあります。

◆ボーコレンの効能・効果
体力中等度のものの次の諸症:排尿痛、残尿感、頻尿、尿のにごり

◆ボーコレンの用法・用量
次の量を、食前または食間に、水またはお湯で、かまずに服用してください。

15歳以上 4錠 3回
7才以上15才未満 3錠 3回
5才以上7才未満 2錠 3回
5歳未満 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸湿しやすいため、服用のつどチャックをしっかりしめるこ
(3)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること
食間とは「食事と食事の間」を意味し、食後約2~3時間のことをいいます。

★保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は、輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は、品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。

名 称 ボーコレン
内容量 96錠
保存方法 直射日光を避け、湿気の少ない涼しい所に保存してください。
賞味期限 1年未満の商品は販売いたしません。
広告文責 有限会社 横川ヤマト
登録販売者 山田秀文(ヤマダヒデフミ)
TEL 082-295-1732
メーカー 小林製薬
製造・区分 日本・第2類医薬品
JANコード 4987072029114
副作用被害救済制度の問い合わせ先
(独)医薬品医療機器総合機構
(フリーダイヤル)0120-149-931 

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー