ウィキペディア、フリー百科事典から



酒蔵おかみと地域の皆様で作る酒粕漬シリーズです。

酒蔵横の自家畑で獲れた大根を使用。酢漬けたくあんとして1ヶ月つけたものを、酒粕と砂糖のみで3ヶ月漬けて出荷します。
お茶請け、ご飯のお供に最適。奈良漬と並び人気の一品。
合成保存料、人工甘味料、合成着色料、化学調味料は一切使用しておりません。

●成龍然ブランドにつきまして
「然」の意味は、その通り・そのままの姿・あるがまま。
愛すべき故郷愛媛県西条市で収穫されたお米だけを使い、蔵から見える四国山地から頂く仕込水で丁寧に仕上げたお酒を通じて、この町の文化や風土を自然体で感じ取って頂きたいと願い生まれた新ブランド「成龍然- SEIRYO ZEN -」。
ラベルはGrandDeluxe松本氏が手掛けた、蔵から見える石鎚山を象ったデザイン。
今後は日本酒という枠に捉われず、酒粕漬はじめ様々な「地元産」を成龍然という名の下に広く発信していきたいと思います。
日本酒の枠にとらわれず、故郷で収穫されたお野菜を使った酒粕漬シリーズも今後続々登場予定!

容量(g):350g
保存方法:要冷蔵
野菜産地:愛媛西条
原材料:大根(愛媛県西条産)・酒粕(愛媛県西条
産)・中双糖(カラメル色素/国内産)・塩(国内産)・食酢・クチナシのみ

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー