ウィキペディア、フリー百科事典から




さば節
薄削り

職人こだわり 
丸一謹製

鹿児島県枕崎産
厳選荒節使用

さば節の特徴

さば節は、さばの種類の中でも脂身の少ないゴマサバを原料魚として作ります。
さば節は、香りはあまりありませんが、コクのある濃厚出汁がとれ、醤油や味噌との相性も良く、味噌汁や煮物、うどんのつゆなど濃い料理の出汁に使われます。
ただ、冷めると生臭みが出るので、温かい料理に向いてます

出汁だし
天然の素材からうま味成分を、抽出したスープ。
その香り・味わいはすべての料理の基礎となる大切なものです。

うま味(第5の味覚)
様々な食材に含まれるうま味の成分は、
アミノ酸系、核酸系、有機酸系の3つに分けることが出来ます。

うま味成分

アミノ酸系         核酸系 有機酸系
グルタミン酸 イノシン酸 グアニル酸 コハク酸
日本料理 昆布・しょうゆ・
みそ・いわし
かつお節
煮干し
乾し椎茸 貝類
洋風料理 チーズ・トマト・
玉ねぎ
肉類・魚介類 干しきのこ
(ポルチーニ)
中華料理
東南アジア
干し貝柱・豆・ねぎ・
しょうゆ・白菜
鶏がら・豚肉 干し椎茸 干し貝柱

うま味には相乗効果があり、昆布やみそなどのlt;グルタミン酸gt;と、かつお節や煮干しなどのlt;イノシン酸gt;の成分を組み合わせると、うま味が7~8倍に感じられると言われています。

さば出汁のとり方(水1リットルでさば節40g)
1・鍋に水か昆布出汁を入れ、沸騰したら弱火にし、さば節をいれて、2~3分ほど煮出します。
2・火を止め、さば節が鍋底に沈んだらザルなどでこします。
(注)しぼりすぎると渋味がでます。

昆布との合わせ出汁
(昆布は7.8センチ角)
・昆布を30分~1時間あらかじめ水に浸しておきます。
・中火にし10分位かけて沸騰直前まで温度が上がるよう調整します。
・昆布はじっくり時間をかける事でうま味が染み出してきます。
・鍋全体に気泡ができ、沸騰してきたら昆布を取り出します。
・その後、さば出汁1.2の手順で。
(注)軽くふきんで汚れを落としますが、昆布の表面の白い粉は、
うま味成分lt;グルタミン酸gt;ですので落とさないでください。

品  名 さば削り節
原材料 さばのふし(国産)
内容量 160g和食無形世界文化遺産こだわり
賞味期限 約180日。開封後はお早めにお召し上がりください。
保存方法 高温多湿を避け、開封後は冷蔵庫で保存してください。

その日の絵

ピアヘッドビルディング

ピアヘッドビルディングAdeilad y Pierhead一般情報建築様式フランスゴシックルネッサンスロケーションカーディフ、ウェールズ町または都市カーディフ国ウェールズ座標.mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-dec{display:inline}.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punct{display:none}.mw-parser-output .longitude,.mw- (記事全文...)

ピアヘッドビルディング