ウィキペディア、フリー百科事典から




■昇龍赤富士

 日本の代名詞として名高い霊峰富士山。
 赤く染まって見えるのは、一年に一度あるかないかの
 絶景とされています。
 その富士山の頂上をめざし昇りゆく龍を描いた
 とても縁起の良い図柄です。


■吉岡浩太郎

 
1928年 山口県に生まれる 
      香月泰男に師事
 1967年 スクリーン版画の研究を始める
 1973年 絵画研究のため渡欧
 1974年 セントラル画廊でシルクスクリーン版画個展
 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作
 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表
      各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載
 2004年 東京絵画フェスティバル出品
 2006年 ユニセフ絵葉書に決定
 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載
 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用
      風水版画展開催
 2009年 額縁絵画展出品制作


作家名 吉岡浩太郎
題 名 昇龍赤富士
技 法 ジグレ・シルクスクリーン
落 款 作者鉛筆サイン・朱落款
限定部数 800部
画面の寸法 タテ:22.7×ヨコ:16.0cm
額縁の外寸法 タテ:43.4×ヨコ:34.2cm
額縁の仕様 パールホワイト色版画額縁
裏面に壁吊り用金具・ひも
額縁の窓 ガラス
マット 紙マット
かぶせ箱
状 態 新 品
重 量 約1.3kg




吉岡浩太郎『昇龍赤富士』(太子判)ジグレ・シルクスクリーン版画