ウィキペディア、フリー百科事典から





作品名吉祥赤富士・当社オリジナル
作家名吉岡浩太郎
○作品詳細
作品の種類ジグレスクリーン版画
作品の詳細エディション300部/作家サイン
絵サイズ26.2X18.6センチ
額縁サイズ44.5X37.0センチ
額縁のタイプアルミ製デザインフレーム/アクリルガラス付/マット額装
※ブラウンタイプ・ホワイトタイプの2タイプからお選びください。
ここがポイント!朝の光に赤く染まる赤富士は、出世飛躍の象徴とされています。西の方位に飾れば金運。風水では東の方位に飾れと良いといわれています。
○吉岡浩太郎プロフィール
1928年山口県に生まれる。
   香月泰男に師事
1967年スクリーン版画の研究を始める
1973年絵画研修のため渡欧
1974年セントラル画廊でスクリーン版画個展
1989年絵画研修のため渡欧
1992年スクリーン版画個展
1996年日蓮宗 円頓寺壁画制作
1997年以降ピクチャーショーで新作を発表
   各種カレンダー、雑誌の表紙に掲載
2001年東京絵画フェスティバル出品
○吉岡浩太郎版画作品について
◎吉岡浩太郎版画についてシルクスクリーンとジグレスクリーンの2種類の版画技法によって制作されています。
 ・シルクスクリーン版画とは、絹の繊細な織布の上に製版し、熟達した高度な摺り技術により
 一色ごとに丹念に摺りあげていく多色刷版画です。
 ・ジグレスクリーン版画とは、デジタル技法による精密機器を利用したアートでコンピュータにより
 色彩分析を行いプリントされています。さらに、耐光性を強まるためにシルクスクリーンによる
 表面処理がされています。
◎エディションとは、作品左下にある限定数をいいます。分母が刷り数で分子が通し番号です。
 通し番号に価値の違いはありません。また、追加再販には、Sまたは’があります。
 APナンバーは作家所有のエディションナンバーです。

その日の絵

ボーン・トゥ・ダイ

この記事は、ラナ・デル・レイのアルバムに関するものです。その他の使用法については、Born to Die(曖昧さ回避)を参照してください。 ラナ・デル・レイによる2012年のスタジオアルバムボーン・トゥ・ダイスタンダードエディションのカバー。デラックスエディションの表紙には、タイトルが明るい赤のテキストで表示されています。スタジオアルバム ラナ・デル・レイリリース済み2012年1月27日 (2012-01-27)記録2010–2011スタジオエレクトリックレディスタジオズ(ニューヨーク市)カッティングルームスタジオ(ニューヨーク市)ジャンル オルタナティヴポップ バロックポップ インディーポップ サッドコア トリップホップ 長さ49:28ラベル ストレンジャー インタースコープ ポリドール プロデューサー パトリック・ベルゲル ジェフ・バスカー クリスブレイド エミール・ヘイニー ジャスティンパーカー リック・ノウェルズ ロボポップ アル・シャックス ラナ・デル・レイ年表 ラナ・デル・レイ(2010) ボーン・トゥ・ダイ(2012) パラダイス(2012) からのシングル ボーン・トゥ・ダイ "ビデオゲーム"リリース:2011年10月7日 "ボーン・トゥ・ダイ"リリース:2011年12月30日 "ブルージーンズ"リリース:20 (記事全文...)

ボーン・トゥ・ダイ